2013年12月24日(火)

2013-12-24 08:34
富士御殿場蒸留所A[]
多様なタイプのグレーンウイスキーを製造しています。

一般にグレーンウイスキーの蒸留にはマルチカラム(多塔連続式蒸留機)が使用されています。モルトウイスキーを飲みやすくするサポート役として個性を出さないようにするための工夫ですが富士御殿場蒸留所ではマルチカラムに加え、ケトル(パッチ式蒸留機)、ダブラーという日本では珍しい蒸留機も併用することでそれぞれ特徴の違うグレーンウイスキーを製造しています。

春を待って是非、見学に行ってみたいとても興味のある蒸留所です。モルトウイスキーがお互いの長所を出し合い、長─────い時(熟成)を待って、富士山麓・樽熟50度が出来上がります。

←前|次→
[←戻る]